尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド/尾瀬檜枝岐(裏)浪漫紀行

尾瀬檜枝岐浪漫紀行の公式裏ブログです。尾瀬の事や檜枝岐の事以外にも色々と書いています。時々、心配になるような事が書いてあるかも知れませんが、そこは生温かい目で見守ってあげてください。

WAFA ウィルダネスアドバンスドファーストエイド①

尾瀬のガイドシーズンが終わりました。賑やかだった観光地は人の手を離れこれから約半年間、自然の元に帰ります。

 バックカントリーを除き、冬の尾瀬や檜枝岐のガイド業はまだまだ未開であり、活動している方も殆どおりません。

 その為、この閑散期を利用してスキルアップや勉強に時間を当てガイドとしてレベルアップを図り来シーズンに備えていきたいと思います。

 学びたい事や学ぶべき事はいくらでもありますが、まずガイドにとって一番重要な事は自分自身とお客様の安全だと思います。事故防止に努める事は何よりですが、もし万が一の事が起きてしまった場合の対応は学んでおく必要があると思います。

私達のフィールドである尾瀬で発生する事故の殆どが、木道での転倒による怪我です。昼夜を問わず救助を頼まれる事があるとすれば燧ケ岳や会津駒ヶ岳が殆どで、ヘリが飛べない日に尾瀬エリアで救助要請が来る事は殆どありません。

山岳エリアに立入らなければ重大な危険がある事故と言えば普通、落雷と落木ぐらいでしょうか。

しかし、だからと言ってお客様をご案内するガイドがその他の事故やけがに対する備えや知識を怠るわけにはいきません。

という訳で今シーズンオフはまず、野外救命に対する知識とスキルアップを図るために、一般社団法人 ウィルダネス メディカル アソシエイツ ジャパンの野外救命国際資格、ウィルダネスファーストエイドのWAFAを受講してきました。

復習を兼ねて何回かに渡りブログに残していこうと思います。

ウィルダネスファーストエイドとは

歴史的な事や成り立ちなどは省きますが、ウィルダネスファーストエイドとはウィルダネス状況下を想定した救命措置の技術です。

ウィルダネス状況下とは

医療機関での決定的処置を受けるまでに時間を要する状況で、同じ場所でも、天候、時間帯、資材などあらゆる条件でウィルダネス状況下となりえる場合があります。

尾瀬の環境

私達が活動する尾瀬では何かあればすぐに防災ヘリがやってきますが、天候などで少し視界が悪くなればこの限りではありません。(視界不良の中、涼しい顔で山肌を舐めるように尾瀬に突入していた山小屋の主人もいますが・・・)

その昔は尾瀬シーズン中に医学生たちが常駐する診療所もあったそうですが、もちろん今はありません。

 

 

天候も悪く医者もいない、こうした状況下で適切な処置を行わず、ただ天候が回復しヘリを待つのはガイドとして非常にまずいです。仮に何かしらの処置を行った場合でも、その処置が適切ではなかった場合、お客様の傷病に対するその後のリスクを高める事につながる場合もあります。

 そればかりか、ガイドに対する訴訟や賠償などにも繋がっていきます。

 このようなリスクを限りなく低くするために、私達ガイドは最低限、他の同業者が行っている基準で状況を適切に管理し、救命に対する技術や知識を身につけそれを維持していかなければなりません。

 

つづく

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

村内も色づいてきました

今年の山の紅葉はあっという間でした。

暖かい日が続く中で突然色づいた木々が二日後には半分以上落葉していました。

集落の方は23日の時点でもまだまだ紅葉が楽しめますが、山の上の方はほぼ終わりに近い状態です。

以下の写真は20日の日に撮影した物になります。

f:id:ozeroman:20161115191916j:plain


七入手前から。この日はテレビの撮影に同行させていただきました。

 

f:id:ozeroman:20161115191923j:plain

 

モーカケの滝付近の紅葉はちょうどいい感じです。

 

f:id:ozeroman:20161115191919j:plain

 

望台の紅葉が綺麗です。

 

f:id:ozeroman:20161115191913j:plain


・・・

 

f:id:ozeroman:20161115191926j:plain


ブナ平は少し来るのが遅かったです、ほんの二日前は最高の状態だったのですが。


この後、邪魔な雲が居なくなるまで1時間以上粘って撮影しました。

今年はまだまだ暖かい日が続きそうです、昨年のようにお正月に雪が無いなんて事が2年連続で起こってしまうのでしょうか。

 


沼山から御池 10月20日


動画は、福島県尾瀬の玄関口、沼山峠から御池までの様子です。
この区間は許可車両のみ通行可能です。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

檜枝岐温泉「民宿 檜扇」

早朝村内をご案内したお客様と、さくじつお食事をご一緒させていただきました。

場所は民宿「檜扇」です。

いただいた食事は蕎麦や山菜・キノコ中心の檜枝岐らしい内容です。

f:id:ozeroman:20161117142809j:plain


先付けです。左がむかご、右がはたけしめじとなめこにささっと熱を加えた物です。
※むかごは山芋等の葉の付け根に出来る芽の事です。
本日の食前酒は自家製のあっさり梅酒でした、ロゼワインのように透き通る見た目が綺麗です。

f:id:ozeroman:20161117142855j:plain


親戚の方の畑から、採れたてピーマンの丸焼きです。肉厚ほくほくジュワ~で種まで美味しいです、藻塩を付けていただきました。

f:id:ozeroman:20161117142912j:plain


ムキタケの刺身です、見た目も味もホタテにそっくりで檜枝岐らしい食べ物です、旨し!

f:id:ozeroman:20161117142931j:plain


檜枝岐のつめたい清流の水で育てた岩魚の刺身です。
水温が低く、他の地域に比べると成長が遅いですが、その分、身が引き締まり美味しいです。
醤油をつけずに、梅干しのペーストでいただきました。
梅干しペーストで食べるのは初体験ですが、醤油よりもマイルドで優しい味がしました。

f:id:ozeroman:20161117142945j:plain


囲炉裏にくべていた岩魚が焼きあがってきました。本日の岩魚は塩焼きではなく、塩の代わりに大葉味噌を塗り、焼いたものです。

f:id:ozeroman:20161117142959j:plain


ビールが終わる頃、絶妙なタイミングで岩魚の骨酒の登場です!若旦那が釣って来た岩魚をご自身で火を入れて乾かした物を使っています。

f:id:ozeroman:20161117143011j:plain


つづいて囲炉裏にくべていたそばと米のでっちです、山椒味噌を塗りこんであります。
ちなみに、でっちとは檜枝岐の方言で「捏ねる」という意味で、「でっちる」等と使います。

 

f:id:ozeroman:20161117143230j:plain


里芋と冬瓜のあんかけです、なぜか小さいジャガイモが一粒入っており、何となく楽しい気分にさせていただきました。

f:id:ozeroman:20161117143025j:plain


天麩羅です、この時はお客様との話に夢中で美味しかった事しか覚えていません・・・すみません。

f:id:ozeroman:20161117143045j:plain


檜枝岐と言えばそばです!尾瀬に通われている方で、実はこのそば十年ぐらい前に尾瀬沼の沼尻に在ったそば屋の物なんです。わんこそばのよろしく、気が付いたら補充されておりお腹いっぱいになりました・・・

f:id:ozeroman:20161117143108j:plain


やっぱり最後はお茶とおしんこですね~。

この後、囲炉裏を囲んで骨酒でお客様と歓談し、翌日早朝から村内を案内しました。
朝は-2℃まで気温が下がり、とても寒かったですが早朝の散歩ガイドは新鮮で楽しい朝の時間を過ごさせていただきました。

これから一気に寒くなりますが、お体に気をつけてお過ごしください。

尾瀬ガイド以外にも檜枝岐ガイドも通年受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

紅葉と新そばの季節

今年の檜枝岐は暖かく、紅葉にはもう少し時間がかかりそうです。写真は今月6日に撮影した竜ノ門の滝と、一昨年2014年の10月4日の竜ノ門の滝です。

f:id:ozeroman:20161115190357j:plain

f:id:ozeroman:20161115190359j:plain

昨年は新そばの頃にはとても綺麗な紅葉を見る事が出来ましたが、今年はもう少し遅い時期に楽しめそうです。

f:id:ozeroman:20161115190326j:plain

上の写真は昨年のモーカケの滝付近の様子です、今年も去年に引き続き異常気象というやつでしょうか、冬に大雪が降らないか心配です。。

 

そうした中で南会津の秋の風物詩、新そばが出回り始め檜枝岐での初物は8日でした。写真では分かりにくいですが、少しだけ緑がかっているのが新そばの特徴です。

f:id:ozeroman:20161115190354j:plain

 

会津をはじめ福島県は日本有数のそば処で、そばを冷たい水に浸しただけで食べる水そばという食べ方があるぐらい質のいいそばが取れます。米が育たない檜枝岐では、昔からそばは貴重な食料であり、村人の生活と深く結びついてきました。

そして生活が豊かになって現在では、檜枝岐の名物として宿の料理に欠かせない存在となりました。

食欲の秋、檜枝岐の味と一緒に紅葉を楽しみにいらしてみませんか。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋晴れの尾瀬沼と三本カラマツ

尾瀬沼のシンボル三本カラマツ。今から140年以上前の明治6年頃に植えられたと聞いた事があります。


秋めく尾瀬沼と大江湿原

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇