尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド/尾瀬檜枝岐(裏)浪漫紀行

尾瀬檜枝岐浪漫紀行の公式裏ブログです。尾瀬の事や檜枝岐の事以外にも色々と書いています。時々、心配になるような事が書いてあるかも知れませんが、そこは生温かい目で見守ってあげてください。

檜枝岐の紹介

先日の福島民法に私の書いた檜枝岐村の記事が掲載されました。

広島で神楽を始めとした田舎の伝統に触れ、釧路湿原でカヌーガイドと過した経験からガイドという仕事に目覚め、檜枝岐という地を見つけここに移り住んだ、村人歴2年の私が感じたままの檜枝岐を800字で表現しました。

 

最近はブログまでなかなか手が回らないのでネタとして転載しておくのだ!

 

檜枝岐村の集落を覆っていた雪も五月に入りようやく姿を消してきました。長い冬の終わりが近づきしんしんと積る雪の静けさから、窓をたたく雨音に変わる頃、新しい一年の始まりに膨らむ期待と不安をも含めた春を待つ喜びを感じ、季節の移ろいに心を躍らされる。こうした感覚は幼かった頃、夏休み前の終業式以来ではなかったかと思います。

 

雪深い村をさらに登り詰めた尾瀬では毎年、山小屋の屋根まで迫る大雪に見舞われます。その降り積もった雪によって尾瀬の草花達は寒さから身を護られ美しい花を咲かせます。村の自然の豊かさと厳しさは表裏一体で、植物や動物を強く美しく育み、人の心にも豊かさをもたらしてくれます。

 

私は人と自然を主題に案内人として身を立てる為に檜枝岐へと移住しました。案内人を始めてからお年寄りの貴重なお話を伺う機会にもたびたび恵まれ、そうした話の中でも特に印象に残っている言葉が「山を削りながら生きて来た」です。平地も無く米も育たぬ厳しい土地に、木地や狩猟を主軸に伝統と文化を育んできた山の民の生き方そのものを表す言葉だと思います。今の村人の生活とはかけ離れた言葉ですが、観光村としての礎は先人が残してくれた伝統と文化にある事に違いはありません。

 

個人的でありがちな話ですが、自然は誰かの所有物ではなくその権利を主張してはいけない、人が生きれば必ずその分の自然は削られ、たとえ都会で生活しようとも山奥で生活しようとも必ずどこかの自然を犠牲に人は生きています。しかし悠久な時の流れにおいて自然は強く不変で、その自然と相対しながら自然を削り、売り、そうして生きて来た先人が残した文化や伝統は脆く儚く、人が意志を持って受け継がなければ途絶えてしまいます。案内人以外にも、世が便利になり途絶えつつあるこの村の伝統文化を次の世代に少しでも残せるよう活動していきたいと思います。

 

以上です。

 

表現の幅が広いブログはフェイスブックよりも自分の趣向にあっている様な気がするのですが、心にゆとりを持って腰を据えながらブログを書ける日々が来るように頑張ります。

 

f:id:ozeroman:20170520143925j:plain

檜枝岐歌舞伎 千葉之家花駒座 平成29年の演目

平成29年の檜枝岐歌舞伎は 「奥州安達ヶ原 文治館の段」「一之谷嫩軍記 須磨浦の段」「絵本太功記 本能寺の段」。

毎年、檜枝岐の雪が落ち着く頃になると座員の方達は集まり日々練習を積み重ねています。

今年は短期間で三演目の練習をこなす座員の方々にとって大変厳しい一年となります。

 

そして、千葉之家花駒座の竹本を今年で七年間務め、昨年の時点で花駒座が継承する11演目を全てこなす運びとなった、室井太夫が今年より、初代「竹本仁太夫」を名乗り活動されるとの決心をなされました。

沢山の思いと共に、日々の練習を積み重ねながら温め続けて来られた名前ではないかと思います。

 

私ども尾瀬檜枝岐浪漫紀行が花駒座の方達のお力になれる事は何もありませんが、今後とも、竹本仁太夫、千葉之家花駒座を応援していきます。

 

星長一座長、花駒座の座員の方の許しをいただき、私が古いテープより取り込んだ動画をインターネットに公開させていただいております。

 

花駒座が継承している古典の作法や、一部の演目は中央の大歌舞伎では見る事が出来ない貴重なものもあります。

また、素人が演じている地芝居ならではの楽しさもあります。目の肥えた歌舞伎ファンの人々にも是非見て、楽しんでいただければと思います。

 


奥州安達ヶ原 文治館の段 S55.3.20 檜枝岐歌舞伎・千葉之家花駒座


奥州安達ヶ原 文治館の段 H2.9 .1 檜枝岐歌舞伎 千葉之屋花駒座


奥州安達ヶ原 文治館の段 H8.5.12 檜枝岐歌舞伎 千葉之屋花駒座


奥州安達ヶ原 文治館の段&神楽 H8 檜枝岐歌舞伎 千葉之屋花駒座


奥州安達ヶ原 文治館の段 H12 檜枝岐歌舞伎 千葉之屋花駒座

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

谷川岳

谷川岳魔の山 雪崩の山。山登りを志向する者はそんな言葉を耳にした事があるだろう。太平洋側と日本海側の気候がぶち当たる中央分水嶺に位置し天候の変化が激しい事で知られている。その激しい気候変動から総死者数は800人を超え、ネガティブなギネスブック登録され、その劣悪な山容を象徴している。昭和前期、先鋭的クライマーが挙って谷川岳、一ノ倉沢を目指し未踏の、より難しいルートの開拓に挑み次々と命を落としていった。その背景には当時の社会人山岳会は我先にと初登ルートを狙い、その先にヨーロッパアルプスの大岩壁やヒマラヤの高峰に挑戦する事を目標としていた。そんな中で各山岳会は戦力の強化に新人をしごき、レベルに見合わない無理な山行を繰り返していた事も遭難事故を招いた要因と考えられている。結果「神々の山嶺」羽生丈二のモデルとなった森田勝の様に激烈を極めるトップクライマーの養成に成功したものの、現在危険と隣り合わせのアルパインライミングを志向する者は天然記念物となり、生息数は年々減少傾向にある。

当時の一般ハイカーが谷川岳山頂を目指す場合、天神尾根、もしくは西黒尾根を歩いた。西黒尾根は甲斐駒ケ岳の黒戸尾根、飛騨山脈烏帽子岳へのブナ立尾根と並び日本三大急登の一つに数えられている。10月21日代表と共に西黒尾根から山頂を目指した。

 

前日、夜から国道352を北上し劣悪なヘアピンカーブと細い車道を延々と走る。途中暗がりの車道にぽつりとフクロウが厳しい姿で立っていた。小出のすき家で牛すき鍋定食を平らげ関越自動車道に飛び乗り水上で下り、一般道を少し走ると谷川岳ロープウェイの駐車場に到着。風が少し冷たい。早々に寝床を確保し就寝。

朝4時半バタンバタンと車のドアを閉める音が駐車場に響いた。早起きのおじさま方が準備を始めているらしい。起こされた苛立ちを抑え二度寝を決め込む。

5時からノロノロと朝食を食い便所を済ませ6時に駐車場を出発した。林道を少し進むと西黒尾根の登山道に入る。f:id:ozeroman:20161206214410j:image

そこそこの急坂をゆっくりと登っていく。急登ではあるが整備された登山道にテンポ良く歩ける。途中、何組か追い越し追い越されパッと視界は開けた。ここまで1時間ちょっと。てあれ、燧ケ岳の方がキツイような、、、f:id:ozeroman:20161206220657j:image

視界が開けると地面は岩肌が剥き出しになった岩稜歩きへ続く。所々鎖の掛けられた岩壁でクライミングの聖地へ訪れたシュチュエーションに気持ちも盛り上がる。 f:id:ozeroman:20161206222115j:imagef:id:ozeroman:20161206222125j:imagef:id:ozeroman:20161206222149j:imagef:id:ozeroman:20161206223015j:image

登って立ち止まり写真を撮る。天神尾根の分岐点を過ぎ、肩の小屋をスルー。そうこうしているうちにトマノ耳に到着。f:id:ozeroman:20161206223515j:imagef:id:ozeroman:20161206223155j:image

風が強い。滞在時間、数十秒でオキノ耳へ続く稜線を歩く。木の枝先にウヒョウがエビの尻尾を形作っている。それをしゃりしゃり食べながら水分補給する。f:id:ozeroman:20161206224515j:imagef:id:ozeroman:20161206224606j:image

オキノ耳到着。風は強いが天気が良くて気持ちいい。f:id:ozeroman:20161206224911j:imagef:id:ozeroman:20161206224918j:imagef:id:ozeroman:20161206224939j:image

ここでゆっくりと、、、したい所だが風が冷たくていかん。肩の小屋まで下りると風も少しはマシに。風がある程度防げるベンチに座りガスストーブを取り出しお昼休憩にする。風で湯がなかなか湧かなかったがカップヌードルリッチを平らげ天神尾根を下山する。f:id:ozeroman:20161206225851j:imagef:id:ozeroman:20161206230037j:image

天神尾根、人めっちゃいる。山ガールに山ボーイ、ベテラン淑女や素人オヤジまで老若男女賑わいを見せ急登ではちょっとした渋滞を起こす程。そんな賑わいの中、小一時間で天神平に到着。帰りはロープウェイに乗り込み優雅な下山行で終了です。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

会津のマッターホルン

福島県南会津郡只見町、ここは全国的な豪雪地帯で知られ毎年福島県内で檜枝岐村と積雪量1位2位を争い、その豊かな降雪と広大なブナの原生林を有する自然環境が世界的に評価され、2014年北海道・東北地方で初となるユネスコエコパークの認定を受ける運びとなった。東日本大震災と同年2011年7月の新潟・福島集中豪雨による土砂災害で運行困難となり現在復興作業中の只見線会津若松から町を横断し、山を貫き、全国第3位の貯水量を誇る田子倉ダムを経由し新潟県魚沼市小出へと線路を伸ばしている。近年はマトンとキャベツをピタパンで挟んだマトンケバブなる物をB級グルメとして売り出し中である。
そんな只見町に彼のアルプス三大北壁に数えられるマッターホルンを名乗る山があるとの情報を入手。マッターホルン(4478m)と言えば長谷川恒男による世界初アルプス三大北壁冬季単独登攀により全国的に知名度を上げた世界有数のトンガリ山である。あのトンガリフォルムに対抗する程の山が只見にあるのだろうか。これは聞き捨てならぬと勇み足で向かったのである。

 


檜枝岐から車を走らせること1時間で登山口の駐車場に到着。正面にはマッターホルン! 予想通りの小ささマッターホルンの風格は感じられず。時刻は朝7時半。車は一台も見当たらず、朝食を済ませ準備に取り掛かる。

f:id:ozeroman:20161203235331j:image

 会津蒲生駅の線路を渡り入山する。只見線は現在只見駅会津川口駅間が通行止の為、この区間内の線路は草が生い茂っている。

f:id:ozeroman:20161205205937j:image

初めは緩やかな林内を歩きすぐ尾根筋へ出る。と言っても小さな独立峰、尾根とは呼べぬかも。後ろを振り返ると早速視界が開けた。

f:id:ozeroman:20161205210152j:image

少し進むとゴツゴツと岩肌が剥き出しになってきた。これが会津マッターホルンたる所以か。f:id:ozeroman:20161205210755j:image

岩稜帯と林内を交互に進んでいく。斜度は徐々にキツくなってきた。途中夫婦松なる名称で二本の木が絡み合っている。この間、終始農耕機の音が聞こえ里山の雰囲気を存分に感じる事が出来た。

f:id:ozeroman:20161205211424j:image

f:id:ozeroman:20161205211435j:image

f:id:ozeroman:20161205211441j:image

山頂直下で道標が現れルートは二俣に別れている。その挑戦的なメッセージには鼻毛通し、キケン岩壁の文字が。鼻毛通しってなに

f:id:ozeroman:20161205211456j:image

キケン岩壁を進むと高度感のある鎖の設置されたトラバースルートが。写真じゃ分かりにくいがちょっと怖かった。

f:id:ozeroman:20161205213431j:image

 最後の岩壁を進むと、360度展望が開けた山頂へ

f:id:ozeroman:20161205214047j:image

f:id:ozeroman:20161205214055j:image

f:id:ozeroman:20161205214105j:image

おお!会津マッターホルン

f:id:ozeroman:20161205211518j:image

山頂でご飯を食べ下山開始。帰りの細尾根?から地上を見下ろすと只見川の穏やかな川面が見える。あれ、対岸の山もマッターホルンに見えてきた。

f:id:ozeroman:20161205214923j:image

下山道の途中、風穴が。しかし冷たい風は感じられず

f:id:ozeroman:20161205215338j:image

 

と、こんな感じで登り1時間下り40分のお手軽登山でした。しかしながら岩壁、草付き、根っこの階段、振り返ればニッポンの原風景を彷彿とさせる只見の穏やかな景色が広がり飽きさせない山でした。蒲生岳含め浅草岳、朝日岳を総称し只見三山と呼ばれる会津を代表する山岳地帯の只見にはまだまだ良い山がありそうです。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

WAFA ウィルダネスアドバンスドファーストエイド②

野外での傷病に対する過酷な条件下を想定したウィルダネスファーストエイドの最も特筆すべき特徴は、そのシンプルさにあると思います。

生理学、病理学のいくつかの一般原則に基づき、怪我や病気に対する人体の反応や基本的特徴をとらえ、その場の環境に応じて必要な措置を素早く適切に行う、或いは判断を下す。

あらゆる資材が限られ刻々と状況が変化する野外活動の場において、素早くハッキリ(決め付けではなく)とした判断を下す事はとても重要な事であり、多数のお客様をガイドする機会がある場合は特に必要とされるスキルです。

三つの三角 「傷病者評価(PAS)システム」

ウィルダネスファーストエイドでは傷病者評価システムが採用されており、傷病者以外にも自分や他のメンバーを含めた現状を把握し、傷病者に対してどのような処置が必要かを導き出すために、主観・客観に基づいた三つのステップと、それぞれのステップで大まかに分けて三つの情報を集めていきます。

 

f:id:ozeroman:20161127001638p:plain

 

こうして集約された情報を元に、状況判断と傷病者に対する処置を行っていきます。それぞれの段階で処置が必要とされる場合もあり、シンプルなシステムを使いこなすには訓練が必要です。

まずは包括的に、それから限定していく

傷病者評価(PAS)システムの三角形とその頂点は、それぞれが結びつけられた上に違和感の無い自然な流れを汲んでおり、それぞれの頂点を理解した上で三角形を完成させる事により、状況を包括的にとらえ、限定的な判断を有機的に行う事が自然と出来る仕組みになっています。

 

ちなみに私が現在所属している尾瀬ガイド協会のガイド認定条件では、救命に関しては消防での上級救命講習を受けていればガイド資格は貰えます。

上級救命講習では、三角巾の巻き方、CPRのやり方や、AEDの使い方など、措置の部分は教われますが柔軟性に欠け、措置の為の判断材料である傷病者評価にあたる部分が無いため、心臓が止まっていたらAED、意識がなければ回復体位。ぐらいの判断しか行う事が出来ません。ですので、認定後も積極的に救命に関する知識を身につけていく必要があります。

何よりも、上級救命講習はすぐに救急車が駆けつけ、医療機関での処置をある程度、素早く行えるような場所での救命を想定したもので、私達がお客様と一緒に活動する場所を想定したものではなく、同じCPRなどでもウィルダネス状況下と、上級救命講習で想定している都市部では、考え方に違いがあったりします。

 

つづく

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 尾瀬檜枝岐浪漫紀行
 尾瀬ガイド・檜枝岐ガイド、お気軽にお申し付けください。
 URL:http://ozeroman.com/

 Facebook:https://www.facebook.com/ozeroman/

 TEL:070-5285-6855
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇